*

花粉症っていつまで続く?スギやヒノキ花粉の飛散時期

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 健康・美容 , , , ,

ba4bc404f2afd4b00747a3e51d9cedfd_s

花粉症っていつまで続くの?

国民病とさえ言われるほど、花粉症の人は、急増。いまや4人に1人が花粉症といわれ、多くの方がくしゃみ、鼻水などのアレルギー症状に悩まされています。

花粉症の症状には、鼻の症状だけでなく、目のかゆみ、のどの痛み、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽさなどの症状が出る人も。

また、ハウスダストやダニなどのアレルギーや、複数の花粉によるアレルギー症状のため、1年中のどの痛みなどの症状に苦しむ人も少なくないですね。

花粉症が起こるメカニズム

花粉症が起こるメカニズムを簡単に説明します。花粉症の場合、アレルギーの原因となるアレルゲン=抗原は花粉です。

1.花粉(アレルゲン=抗原)を吸い込む

2.花粉(アレルゲン=抗原)に抵抗する「抗体」が体内にできる
人の体は異物である花粉(アレルゲン=抗原)を排除しようとする物質「IgE抗体」を作り、再び花粉(アレルゲン=抗原)の侵入に備えます。

3.肥満細胞と結合した「抗体」が鼻粘膜の近くに集まる

4.新たな花粉が入ってくると、抗原抗体反応が起こる

5.放出されたヒスタミンやセロトニンなどが粘膜を刺激
花粉(アレルゲン=抗原)を排除しようとくしゃみや鼻水が出る

6.刺激を受けた粘膜は、炎症症状により腫れたり鼻がつまったりする

本来自分の体を守ってくれるはずの免疫が行き過ぎてマイナスの症状として現れてしまうのが花粉症が起こるメカニズムです。

人間の身体は、外部からの異物を排出しようとしますが、花粉症は、その防御反応が過剰に働いてしまい、苦しい症状が出てしまうのです。

花粉症の原因は?

花粉症の原因になる花粉はたくさんありますが、イネ科、ブタクサ、スギを三大花粉症ということもあるようです。日本人の花粉症の原因の7割はスギ花粉です。

それにしても、どうしてこんなに花粉症の人が増えたのでしょうか?

花粉症の人が増えた直接の原因は、花粉症の原因であるスギやヒノキの花粉の飛散量が増えたからです。

日本の国土でスギが占める割合は約12%。戦後、国の政策で、広葉樹を伐採して、針葉樹であるたくさんのスギが植えられたのですが、安い輸入木材を利用することで、スギを使わなくなってしまいました。現在のスギ花粉数は、1965年と比べて、2倍から3倍だそうです。

ある意味、自然ではない人工林が増えているということですね。スギ自体が悪いというより、手入れが行き届いていないことが問題だということを聞いたことがあります。

スギが伐採されなくなると、樹齢30年以上のスギが増加して、大量の花粉を飛ばし、花粉症の大流行となってしまっているのが現状です。

あまりに多すぎるスギ花粉を排除しようと、私たちの体が反応しているともいえるのですね。

スギ花粉の飛散時期は、何月から何月まで?

7a271baa5c27a07da89cb4af66670eb4_s
スギによる花粉症は、一番多くの人が悩んでいる花粉症。沖縄や北海道はスギが少ないため、スギ花粉症はほとんどありません。

スギの花芽は7月頃に出ますが、この頃、雨が少ないと、スギの花芽が多いといわれています。そして、秋になると、一旦成長を止めて、春の開花を待ちます。

まれに10月から12月にかけて開花するスギもあり、敏感な人は、秋にスギ花粉の花粉症の症状が出ることが。

日本は南北に長く、気候も地域によって違います。その気候の違いのため、花粉の飛散時期にも差があります。

春になると、暖かい地域から順にスギは開花していきます。スギ花粉は、だいたい九州では1月下旬から、東北では3月上旬から飛散しはじめます。花粉飛散の最盛期は、約1ヶ月といわれています。

ヒノキ花粉の飛散時期は、何月から何月まで?

だいたい4月初旬には、スギ花粉の飛散は終了しますが、この頃からヒノキ花粉の飛散が始まります。

スギ花粉とともに悩んでいる方が多いのが、ヒノキ花粉。スギとヒノキは似ているため、スギ花粉に反応する人の7割はヒノキ花粉にも反応することが多いとか。

ヒノキ花粉はスギより少し送れて飛び始めて、5月ごろまで飛ぶことが多いです。ヒノキ花粉が多い年は、ゴールデンウィーク頃まで花粉症の症状が続く人も。

スギ花粉のほかにも、日本では、約60種類の植物の花粉が花粉症の原因になるといわれています。

スギ花粉の時期じゃないのに、目がかゆい、のどが痛い、鼻水が出る・・・スギ以外の花粉が原因のアレルギー症状かもしれません。

花粉の飛散時期を把握して、早めに花粉対策をすることが大事!自分の体は自分で守りましょう!

花粉が多く飛ぶ日はどんな日?

花粉の飛散量は天候に大きく左右されます。花粉が多く飛ぶといわれるのは、下記のような日。特に注意して花粉を体に取り入れない工夫をしたいですね。

1.晴天で風の強い日

2.雨上がりの翌日、湿度の低い日

3.気温が高い日が2,3日続いた後

花粉が飛ぶ時間帯は昼の12時から3時くらいの時間です。洗濯ものがよく乾く日、時間は花粉も多いといえるでしょう。可能ならばその時間の外出は控えたほうがいいかもしれません。

ad

関連記事

no image

バイオプトロンの効果はプロのエステティシャンも驚くほど即効!?

世界中のセレブがホームエステとしてこっそり使ってるらしいバイオプトロン バイオプトロンの効果を

記事を読む

no image

腸もみのやり方

腸もみは、簡単だけどとても効果的な腸のマッサージです。 おへそ周り指2-3本分を円を描くように

記事を読む

5a232a5846b0bf447e2c60434d2f52ae_s

【花粉症対策】花粉を家の中に入れない!外出時にはメガネとマスク、コート、帽子着用で花粉ブロック!

簡単!花粉症対策 花粉症対策、どうしていますか?花粉対策の基本は、花粉との接触をできるだけ

記事を読む

no image

美肌の習慣 手ぬぐい洗顔

【送料無料】手ぬぐい洗顔 メーク落としや敏感肌の洗顔に手ぬぐい洗顔が見直されているそうです。

記事を読む

no image

ルイボスティーの効果が不妊におすすめの理由

ルイボスティーって健康茶だけど、飲みやすくておいしいですよね! ルイボスティーの別名はアフリカつば

記事を読む

no image

ブルガリアダマスク ローズウォーターで肌ぷるぷる

最初にスプレータイプのブルガリアダマスク ローズウォーターを買ってよかったので、 500mlの

記事を読む

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

花粉症ののどの痛みの解決!のどの痛みの原因はヒノキ花粉?のどの痛み対策アロマ

花粉症ののどの痛みの解決! 花粉症ののどの痛みってつらいですよね。ひどい人になると、のどが炎症

記事を読む

no image

アンナトゥモールナチュラルシャンプーは、ノンシリコンシャンプーで泡立ちよし

ノンシリコンシャンプーで、いくつか試した結果、お気に入りのシャンプーが、 無添加化粧品ブランド

記事を読む

no image

セロトニン的生き方で自分を大切にする

【送料無料】まんがセロトニン健康法 という本というかマンガを読んでこれからはセロトニン的生き方

記事を読む

no image

炭酸ブームで炭酸水、炭酸パック、炭酸ミストが人気

二酸化炭素が水に溶けた炭酸水。 炭酸パックや炭酸ミストがはやっているのは知っていましたが、

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad

58a63f3d16d29c13cd1be491de95de6c.jpg
福助フクスケメンズビジネスソックス10足入り福袋2019ネタバレ

毎年恒例のフクスケ福袋!旦那さんの1年分の靴下を福助の福袋でまかなって

4370efc1a03caca98095d45187f4db03.jpg
2018福袋ルピシアお茶の福袋竹7番ノンフレーバード の中身は?福袋ネタバレ

子育てに追われて、ゆっくり福袋を物色出来ず、2018年福袋も定番だ

no image
2017 ルピシア夏の福袋ネタバレ 竹9番バラエティー 福袋の中身大公開!

2017 ルピシア夏の福袋ネタバレ 竹9番バラエティー 福袋の中身大公

IMG_1636
カレル・チャペックの30周年記念感謝福袋(備忘録)

100セット限定40%オフの福袋 5月5日に30周年を迎えたカ

IMG_1713
ルピシアの福袋はやっぱりお得!夏も冬も買っちゃう福袋の定番

ルピシアの夏の福袋の受付始まりましたね。 通販では2017年

→もっと見る

  • 2016年春に男児を高齢出産した主婦なほが、大好きな「福袋情報・福袋ネタバレ」と、生活・料理・キッチン・妊娠・出産・子育て・ファッションなどに関する買って使ってよかったモノ、いまいちだったモノ、気になるモノ、比較検討したモノについて書いているお買い物レビュー感想のブログです。

    詳細はこちら

PAGE TOP ↑